ホーム>酸素カプセル

酸素カプセル

酸素カプセルで疲れもスッキリ解消♪ 丸亀マラソン、行ってきます。

明日の丸亀マラソンを出走されるF・Kさま(男性)

前回の使用で、「疲れがスッキリ取れました」とのことです。

今日で2回目の使用ですが、更に元気になっていただけることでしょう。

明日のマラソン、思う存分に楽しんできてくださいね。

マラソン大会を前に、酸素カプセルでリフレッシュ。

2月3日の丸亀マラソン(ハーフ)に出場されるF・Kさま(男性)
マラソンを走り始めて日が浅い事もあり、少々お疲れモードのようでした。

本日、1回目の酸素カプセルでしたが、使用中はグッスリと眠れたようで、スッキリした顔になってカプセルから出てこられました。

レース前日(土曜日)の朝一番に予約を取って帰られました。

少しでも疲労が抜けて、当日には楽しんで完走していただきたいです。

慢性の睡眠不足 酸素カプセルでスッキリ改善! 体重も2kg減!

徳島市中昭和町在住のK・Sさま(30歳代 女性)
育児に追われるようになって5年ほど、グッスリと眠れなくなってしまったようです。

10月いっぱい、2~3日に1回のペースで酸素カプセルに入りに来られました。
酸素カプセルに入っている間(50分間)は爆睡状態になれるようで、使用後には頭も体もスッキリと軽くなれています。
夜の睡眠も次第に変化してきて、以前のような「眠ったような、眠っていないような・・・」睡眠ではなくなり、気持ち良く目覚められる朝が増えてきているようです。

更に嬉しいことに、いつの間にか体重が2kg減っていたそうです。
酸素カプセルの大ファンになっていただきました。

酸素カプセル2名 新規ご来院いただきました。

徳島市北前川町在住のD・N様(中学生男子 サッカー部員)
右のお尻を痛めてしまい、明日からの試合にそなえて酸素カプセルを使用されました。
酸素カプセルを使うと体中の細胞が酸素に満たされるので、自然治癒力が活性化されます。
でもそれは全体的な効果であって、お尻の痛みを早期に解消するにはケアを行う方が確実です。
よって、酸素カプセル使用後、お尻のケアを行いました。
施術後には痛みが軽減しているのをハッキリと実感していただき、初回のケアとしては最善を尽くせたと思っています。
必ず良くなるので、近いうちにあと2回の酸素カプセルとケアを提案し、この土曜日に予約をお取りいただきました。

徳島市名東町在住のJ・O様(20歳代 男性)
疲労回復目的で酸素カプセルを使用していただきました。
初回の使用からスッキリ感を感じていただけたようですが、深い部分まで疲労を解消するには、あと2回、連続して使用していただくのが良いでしょう。
次回はこの土曜日に予約をお取りいただきました。
 

睡眠障害 酸素カプセルとストレス遮断法でスッキリ改善!

徳島市幸町在住のS・W様(30歳代 女性)
睡眠不足を改善しようと酸素カプセルを使用していただいていたのですが、酸素カプセル使用後はスッキリしているのに、夜にいざ眠ろうとするとやはりなかなか眠れません。
詳しく話をお聞きすると、仕事関係(対人関係)のストレスから睡眠障害に陥り、2年ほど心療内科に通っておられるとのことでした。

「当院の隠れメニューですが、『気』でストレスを抜くことができるかも知れないのです」と、気導術によるストレス遮断法を提案させていただきました。
通常ストレス遮断法は最低2回は行います。
初回は患者様も要領が分からず、ストレスが抜けきらない事が多いからです。

初回は7月6日。案の定、ストレスが抜けたのかどうかイマイチ分からないようでしたが、施術の要領は分かったようで、2回目に期待となりました。
この後、酸素カプセル使用です。

2回目は1週間後の7月13日。
初回の施術で要領もだいぶ分かっていたので、すんなりとストレス遮断法に入っていけました。
結果は、「嫌な想いが抜けていくと言うか、頭の中に浮かんでこなくなりました」とのことでした。

3回目は2週間後の7月27日。
前回施術日の13日から一気に改善しだしたようで、27日までの2週間は、「私的には普通に眠れています」とのことで、以前のような睡眠障害は起こっていないようです。
ストレスを思い浮かべてもらっても、以前のように強く想い浮かんでくることもなく、仕事場の人間関係においても、以前のようなネガティブな感情に支配され続けることが無くなってきているそうです。
たぶん、ストレスが抜けていったことで精神的に余裕ができて、他人の言動に強く反応することが無くなってきたのでしょう。

これで一旦はストレス遮断法を仮卒となりました。
酸素カプセルにもストレス緩和効果は期待できますので、健康管理目的と合わせて、酸素カプセルは今まで通り継続して使用していくことになりました。

ページの先頭へ戻る