ホーム>マー坊院長の徳島整体日記>2014年7月

2014年7月

背中の重だるさ スッキリ解消  徳島市のYさま(女性)

背中の重だるさ スッキリ解消  徳島市のYさま(女性)

 

Yさまが背中の重だるさに悩まされるようになって半年近くになります。

今までにもマッサージや骨盤矯正を受けてきたのですが、その時は軽く感じても、根本から良くなてきている実感が無いそうです。

知人に、「気の治療をやっている整骨院やから、今までと違う効果が得られるかも知れんよ」と紹介されての来院です。

 

<<症状>>

腰と胴の境目辺りに、重いようなダルイような何とも言えない嫌な症状が起こってきます。

 

<<所見>>

症状を訴える個所を触診しましたが、重さやダルさが起こってくるようなトリガーポイントは確認できませんでした。

全体に背筋は硬くなっていました。

腹が硬くなっている可能性があると疑い腹を触診してみると、案の定、臍の周り全体が硬くなっており、圧痛も確認できました。

そこで私はこう考えました。

『腹部のリンパの流れが悪くなり、腸間膜が硬くなり、その反射症状として背中の重だるさが起こっている』

 

<<施術>>

【気】を入れながら、鎖骨下と腹部のリンパ節をほぐし、リンパの流れを改善させました。

背筋の硬くなった筋肉に【気】を入れながらほぐし、硬くなっていた筋肉を軟らかくしました。

 

<<結果>>

背中の重だるさはスッキリ解消し、今まで得られなかったような軽快感を得ていただきました。

 

<<今後の治療・通院計画>>

今まで症状の起こっている背中ばかりを治療してきたので、腹部のリンパの流れの改善は初めてだそうです。

新たな施術による、新たな効果に期待していただくことになります。

仕事の都合でつめて連続しての通院ができないそうなので、次回は確実に可能な2週間後に予約を取って帰られました。

 

 

 

ギックリ腰 日曜診療  徳島市のOさま(男性)

ギックリ腰 日曜診療  徳島市のOさま(男性)

 

Oさまがギックリ腰を起してしまったのが土曜日の夜でした。

前かがみで洗顔をして腰を伸ばそうとした拍子に、軽く「ギクッ!」ときたそうです。

その時は大した痛みではなかったのでそのまま寝たのですが、翌朝起き上がろうとすると強い痛みに襲われ、完璧なギックリ腰となってしまいました。

 

<<症状>>

痛みは腰の右側に起こっています。

痛みから逃れるように身体を左に曲げた状態になっており、真っ直ぐな自然な姿勢にはなれません。

 

<<所見>>

痛みから逃れるために腰を曲げたままになっていることから、椎間板にキズが付いてしまった可能性があります。

ギックリ腰の中でも椎間板を痛めたケースは少々厄介で、初回の治療の目標は、主症状である腰の激痛の半減と、伸ばせなくなってしまった腰を伸ばせるようにする事となります。

圧痛は腰椎4番の右側に確認できました。

 

<<施術>>

急性の炎症が起こっているので、まずはアイシングを10分ほど行い炎症を抑えました。

アイシングの後、腰椎4番の右側の圧痛部に【気】を導き入れて痛みの解消を図り、30分ほどの施術で圧痛は半減。

 

<<結果>>

強い痛みで伸ばせなかった腰は真っ直ぐに伸ばせるようになっていました。

主症状の腰の痛みも半減しており、初回の施術目標は達成できました。

 

<<今後の治療・通院計画>>

椎間板を痛めたギックリ腰ですから、そう簡単には癒えてくれません。

今週中は可能な限り連続して施術を受けていただくことになります。

痛めた椎間板の回復はもちろん、椎間板の後方のズレもリセットしていく事で、更なる根本改善を図っていくことになります。

 

せっかく来院いただきましたが、施術をお断りさせていただきました。

せっかく来院いただいたのですが、施術をお断りさせていただきました。

 

事情はこうです。

剣道で首を痛めており、それがもとで首こりと肩こりに悩まされていたOさま(男性)

本日が2回目の施術の予定でした。

初回の施術でコリの軽減も改善も得られていたのですが、「もっと強いほぐしをして欲しい」と要求してこられました。

「強い刺激の施術ではやってもらった感は得られるかもしれませんが、当院が目指す『コリを溶かす』ことはできない」が私の考えです。

Oさまにその事を説明したのですが、やはり強い刺激の施術を求められました。

よって、患者さまと私との需要と供給が合わないということで、せっかく来院いただいたのですが施術をお断りさせていただ次第です。

野球で背中を痛めた  徳島氏のI君(高校生)

野球で背中を痛めた  徳島氏のI君(高校生)

2014725171841.JPG

夏の高校野球徳島県予選で7回からリリーフとして登板し、延長13回まで熱投。

その頑張った分だけ身体のダメージも大きく、右肩甲骨内側の筋肉を痛めてしまいました。

ちょっとした動作でも痛みが走り、投球どころではありません。

明日も試合が控えており、少しでも痛みを引かしておきたいと来院です。

 

結果は、一所懸命に施術したのですが少しだけ痛みが残り、その痛みがどうしても取れません・・・。

明日までにその残っている痛みが自然治癒すればいいのですが、そればかりは未知数です。

どうか良くなっていますようにと祈りながら、健闘を祈ります。

 

交通事故でムチウチ症 徳島市のHさま  新規来院

交通事故でムチウチ症  徳島市のHさま(女性)

幹線道路を直進中、脇の道路から出てきた車に衝突されてしまいました。

その時は気が張っていた事もありどこも痛くないと思っていたのですが、翌日から、首と左背中に強い痛みが起こってきました。

整形外科を受診するも、湿布を出されて「様子をみてください」だけだったので、損保と相談し、当院に転院となりました。

 

 

痛み具合からすれば、順調に良くなっても完治には1カ月を要するでしょう。

年齢が80歳に近いこともあるので、2ヶ月くらいかかるかもしれません。

いぜれにせよ、損保からも「しっかりと治療してやってください」と要請を受けているので、可能な限り毎日の通院で着実に治していくことになりました。

 

骨盤引き締め矯正 徳島市のSさま(女性)  新規来院

骨盤引き締め矯正 徳島市のSさま(女性)  新規来院

当院で【骨盤引き締め矯正】を受けた知人から、「すごく引き締まるので行ってみたら」と紹介されたそうです。

トレーニングのような整体なので頑張らないといけない事も承知の上で、頑張りに来られました。

 

<<所見>>

骨盤が緩むと現れる恥骨前面の痛みは、「すごく痛い」レベル。

かなり緩んでいそうです・・・。

 

<<施術>>

当院オリジナルの【PNF骨盤引き締め矯正】

 

<<結果>>

施術前に確認した、骨盤が緩みと現れる恥骨前面の痛みは、「ほとんど痛くない」レベルに軽減。

緩んでいた骨盤は、初回の施術から順調に引き締まりだしたようです。

 

<<今後の治療・通院計画>>

あと3回、【PNF骨盤引き締め矯正】を受けていただきます。

その時点でどのくらい改善したか判断し、その後のメンテナンスを考えることになります。

 

肩甲骨内側のコリ・肩こり 徳島市のHさま  新規来院

肩甲骨内側のコリ・肩こり 徳島市のHさま(男性)  新規来院

 

<<症状>>

事務職なので慢性的なコリに悩まされています。

いつも右側に偏ってコリが起こっています。

 

<<所見>>

症状を訴える右肩甲骨内側・右肩・右首に、コリの震源地と思われる【トリガーポイント】が確認できました。

 

<<施術>>

トリガーポイントがコリの原因なので、施術は【トリガーポイント解消療法】です。

同時に【肩甲骨はがし】も施術。

 

<<結果>>

イッキにコリが軽減し、こんなにスッキリしたのは久しぶりだようです。

 

<<今後の治療・通院計画>>

更に【トリガーポイント】の解消を深めれば更に根本改善が進むのですが、仕事の都合で次回の受診がいつ可能なのか分からないそうです。

かなりいい感じで軽減したので、この結果が残っているうちに次の施術を行い、更なる改善を図りたいところです。

 

出張中に痛みが強くなった腰痛 愛媛県のMさま

出張中に痛みが強くなった腰痛 愛媛県のMさま(男性)

いつも松山市の整骨院に通っているのですが、この度は痛みが強く、松山に帰るまで辛抱するのがツライ状態です。

ネットで検索し、確実に軽くしてくれそうなところを探して当院を選ばれたそうです。

 

<<症状>>

左右の腰の外側、骨盤の淵のところに痛みが起こっていました。

腰を反らすように動かした時が一番痛がります。

 

<<所見>>

痛みを訴える個所に【トリガーポイント】が確認できました。

 

<<施術>>

トリガーポイントには、【トリガーポイント解消療法】

 

<<結果>>

出張中での痛みなので、一回きりの治療になるかもしれませんが、その1回でも充分に軽減を得ていただきました。

「ほとんど痛くないです」と満面の笑顔でした。

肩こり・首こり 初回からスッキリと軽減 板野郡のSさま

肩こり・首こり 初回からスッキリと軽減 板野郡のSさま(モバイル会員)

201471819832.JPG

もともと肩こり・首こりはあったのですが、最近とくに強くなってきたようです。

お友達に、「大畠整骨院やったら一発で楽になるよ」と初回されたそうです。

 

<<症状>>

左側の肩甲骨内側、左肩、左首と、強いコリは左側に偏って起こっています。

 

<<所見>>

コリを訴える左肩甲骨内側、左肩・左首を探ると、いずれにもコリの震源地と考えられるトリガーポイントが確認できました。

猫背です。

 

<<施術>>

トリガーポイントが確認できたので、施術は【トリガーポイント解消療法】

 

<<結果>>

時間に余裕があれば猫背矯正もしたかったのですが、トリガーポイントを3個所解消しなければならなかったので猫背矯正は次回に持ち越しとなりました。

それでも、コリレベルは施術前に比べ3以下に軽減し、初回としては充分な結果を得ていただきました。

 

<<今後の治療・通院計画>>

もっと深くトリガーポイントを解消していけば更にコリの解消が進むのは間違いないので、来週中には2回目の施術を受けていただくことになっています。

 

腰痛・肩こり・首こり・猫背・ストレートネック 新規来院  徳島市のYさま(女性)

腰痛・肩こり・首こり・猫背 新規来院  徳島市のYさま(女性)

 

背骨は腰から首まで棒のように固くなっているし

背骨の際の筋肉も腰から首までカチカチに硬くなっているし

猫背でストレートネック

いわば「上半身フルコースリセット」ですね。

 

電話相談の時から広範囲の症状に困っているのは分かっていましたので、予約は90分枠をお取りしました。

根本改善を図っていくには、少なくてもそのくらいの時間は必要だろうとの判断からです。

 

結果だけを書かせていただきます。

筋肉はいい感じで軟らかくなりました。

猫背もストレートネックもいい感じで改善されました。

ただし、症状を持っていたキャリアの長さを考えると簡単に良くなるとは思えませんから、今後も着実にケア&リセットしていかなければならないでしょう。

 

 

 

月別カレンダー

loading...
ページの先頭へ戻る