ホーム>マー坊院長の徳島整体日記>2011年3月

2011年3月

気持ちいい

おはようございます。

大畠整骨院院長&フィットネスインストラクターのマー坊です。

今朝の朝日も神々しく輝いていました。

こんな朝日を見たら誰でも元気になっちゃいますよね 

そして思わず背伸びをして大きく深く息をしたくなりますよね。

今朝のヨガ場は、久しぶりの武道館横の芝生でした。

やっぱ芝生は脚のグリップ感がいいですね。

徳島中央公園のウォーキングコースも、排ガスを気にしなくてもいいのでGOODです。

常にココで朝ヨガをやりたいんですが、夏には蚊や色んな虫の襲来にあいますので、それまでの間だけとなります。

帰りがけに別のヨガ場を発見 

足場は木の板なのでグリップもまずまずでしょう。

丁度公園の入り口辺りなので人の往来もあるのですが、それほど多くはないので気にならない。

外ヨガには最適なこれからの時期。

色んなヨガ場で楽しみたいと思っています。

深呼吸は空腹時の方がいい感じ

今朝もいい天気でした。

川面に映る朝日の輝きが、小さな波に揺れてまるで昇り竜のようでした。

 

日記の題目にも書いてあるように、私的には深呼吸する時には空腹時の方が心地良いです。

なぜかと言うと、おなかに物が入っていると、それが横隔膜や腹横筋の運動を邪魔して深く呼吸ができないからです。

全てに勝る健康法が『深呼吸』と確信している私にとって、その深呼吸が心地良く出来ないのはイヤ 

ヨガにおいては「空腹時に・・・」は常識ですが、ウォーキングにおいてもエアロにおいても、空腹時の方が心地良く動けます。

私の場合、整骨の手当てを施術しながらも深呼吸を行っています。

その方が『気』の入りが良いからです。

となると、普段の食事においても腹八分目以内や消化の良いもの摂るように心掛けないと、朝一番とか昼一番とか心地良く深呼吸をしながら手当てを行う事ができません。

 

そんなこんなを考えて、最近では「腹五分目でいいかも・・・」と思っています。

そんな事を考えながらも、おなかいっぱい食べたい欲求が無いわけではないんですよ。

とても健康な胃腸をしていますから、空腹感もきちんと感じます。

でも、おなかいっぱい食べたら、その後が苦しい・・・ 

コレが嫌なんです。

面白いもので、最近は、食欲よりも、おなかが軽い(空腹)時の心地良さの方が上回ってきているんですよね。

変でしょうか?

やっぱエナジーヨガは外やね

もう少しで4月というのに、早朝の空気は結構冷や冷や感充分で、身も心も心地良く引き締まりまる毎日ですね 

元日の朝、露天風呂につかりながらの初日の出を見たのが7時10分頃。

いつしか日の出時間も早くなり、今は6時頃に「おはよ~」です。

昨日と今日の朝ヨガは、久しぶりにココ

川面を照らす朝日がとても綺麗です。

写真だと黄昏時の夕日にも見えますが、朝日です!

 

太陽礼拝から、いつものエナジーヨガの連続ポーズ。

背中側に目線を向けるポーズをしたら、某結婚式場の白い建物とヤシの木と青空がとても綺麗でした。

 

空気が冷たいので素足になれず、手袋も着けたままでの朝のエナジーヨガでしたが、バッチリとエナジーチャージできて気分上々 

やっぱエナジーヨガは外でやるのが心地良いですね。

 

このヨガ場は夏でも蚊とかの心配も無くてお気に入りなのですが、気になる事がひとつだけあります。

それは、帰り路にバスの往来が多くて排ガスが・・・ 

エナジーヨガの心地良さが

早々に裏道を探さなくては・・・。

今日も笑顔と元気に満ちた一日でありますように

 

 

 

余分な力を抜いてみたら、これがとても心地良い♪

今朝ものんびりと骨盤ウォーキングからスタートでした。

身体から余分な力を抜いて、脚、背骨、肩甲骨、腕を骨盤の動きに連動させて歩きます。

「余分な力を抜いて」とは言いながら、今まで頑張って歩く事ばかりをやってきたので、気がつくと余分な力を入れて歩いてしまっています。

「だら~ん」とか「ゆらりゆらり」をイメージして歩くのですが、余分な力が抜けてくると身体が滑らかに動きだすので、その感覚がとても心地良い 

 

今日は整骨の昼休み時間にエナジーヨガを楽しみました。

藍場浜公園までのんびりと骨盤ウォーキングして、誰もいない木製の台座の上でエナジーヨガ。

ヨガをするときも余分な力を抜きます。

頑張って深くポーズをとる必要も、強く大きく深く呼吸をする必要もありません。

余分な力を抜いて、そのポーズと自然な息の心地良さを味わいます。

バランスポーズではバランスが決まらずよろけてしまいましたが、それも全く気にしない。

だって、それが今の自分の自然な状態。

余分な力を入れて頑張る必要など何もない。

 

余分な力を抜いてみたら、これがとても心地良い

心からも身体からも、もっと余分な力が抜けたら、もっと心地良い人生になっていくんでしょうね。

 

朝日に向かってエナジーヨガ

空気は冷たいながらも、神々しく輝く朝日を浴びながら、気持ち良くエナジーヨガを楽しみました。

のんびりウォーキングの後とはいいながら、身体は充分には目覚めていません。

優しく穏やかで滑らかな息と、その息に同調した、優しく穏やかで滑らかなエナジーヨガ。

頑張る必要などなにもない。

ポーズが心地良く。

息が心地良く。

「このくらいで丁度いい」

 

何の手入れもしてあげられないのに、今年も椿が咲いてくれました。

 

エアロ用ウエアーはカラフルに限る!

昨日(3月20日)は少し遅い目の6時45分頃に起床。

外は青空。

本来なら「とくしまマラソン2011」の日。

明日はお彼岸なので、墓参りがてら、のんびりウォーキング。

途中で藍場浜公園に寄って、木製の大きな台座の上でエナジーヨガ。

素足になっても冷たくなく、薄っすらと汗ばむ程度でいい感じ 

やっぱ、エナジーヨガは外でやるのが一番心地良い 

心地良いポーズと心地良い息で、身体と心にエナジーを巡らせること50分。

いま生きている事を実感し、そして感謝。

 

11時半から藍住に向かってウォーキング。

まちけん藍住店で「脂肪燃焼エアロ」を受けるのが目的。

「若手のインストラクターさん」と聞いていたので、どのようなレッスンか楽しみ・・・ 

確かに、はち切れんばかりの若さで「頑張ってます!」が、ヒシヒシと伝わってくるレッスンでした。

後で年齢が20歳だと知って、「納得・・・

朝の内にウォーキング60分とエナジーヨガ50分、藍住までハイペースウォーキング1時間45分をやった後だったので、レッスンの途中で左脚が攣りだし、51歳の年齢を実感・・・ 

 

帰りはワッキー先生に送ってもらって、4月から担当する『オリジナルエアロ』で使うカラフルなTシャツとシューズを特価でGEET 

ダボッとしたパンツ(黒と茶系の迷彩柄)とコーディネート予定。

従来型のエアロ用のウエアーって機能性重視で、ピタッ!とした物が多かったんですけど、今のトレンドは「ルーズ」

特にマー坊がやっているダンス系エアロでは、ダボッとしたルーズなウエアーが似合います。

実年齢51歳やけど、見かけだけは若くいかないとね・・・ 

 

ブラ~ンブラ~ン&ゆらりゆらり

朝のウォーキング中に時々出会うお爺ちゃん。

笑顔で話しかけられました。

「あんたの歩き方は、腕を大きく振って、気持ち良さそうに歩っきょるな~。」

 

確かに腕を前後に大きく振っていますね。

でも力強く振ってるのではありません。

余分な力を抜いて、腕の重みを感じながら振っています。

私のウォーキング法は骨盤ウォーキングですので、骨盤も動いてますし、背骨も肩甲骨も滑らかに動いています。

腕は「ブラ~ンブラ~ン」で、身体は「ゆらりゆらり」ですね。

 

健康的な身体つくりにおいて、「滑らかに動く身体」を目指す事が大切だと考えています。

息にしても同じです。

力づくで大きく強く深く呼吸をするのではなくて、余分な力を抜いて滑らかに穏やかに呼吸を行います。

その結果として、大きく強く深い呼吸になってくるのです。

 

全てにおいて、「余分は要らない」と言うことですね。

 

3月17日(木曜日)のフィットネス

朝は6時20分ごろに起床。

トイレを済ませ、蒲団の中でのストレッチからスタート。

の~んびりと、骨盤ウォーキングを30分ほど。

昼間は30分ほどの骨盤ウォーキングと、腕立て伏せを45回。

酸素カプセルに入りながら、深呼吸を30分。

夜も骨盤ウォーキングとヨガをやろうと思っていたのですが、治療室のチョッとした模様替えを行ったのでなにもせず・・・。

 

何事も、ほどほどくらいで丁度いい!

 

 

今の俺にできる事

チャリティー大会とする事で開催としていた『とくしまマラソン2011』ですが、、昨日になって延期に決定したようです。

賛否両論あるでしょうが、諸事情を考えるといたしかたない事でしょう。

 

「今日まで練習してきたし楽しみにしていたので走りたい・・・」

でも

「大変な事になっている方々が大勢いるのに、今こんなことをして浮かれていていいのか・・・」

ランナーさん達の気持ちも複雑だったに違いありません。

チャリティー大会になったことで、「参加する気持ちが強くなった」と言っていたランナーさんもいました。

いずれにせよ、「チャリティーマラソン」が中止でなくて延期に決まったので、それはそれで良かったのではないでしょうか。

 

 

 

まちけんの風呂場で聞いたメンバーさん同士の会話です。

「マラソンが延期になったけん気合が抜けて、今日は何もする気がせ~へん・・・。 「マラソンがなくなったけんドンチャン騒ぎじゃ」言うて、ワイの仲間の連中らは飲みに行っとんよ。 明日が仕事でなかったらワイも行きたかったんやけどな~」

「その飲み代、義援金に使った方がええんちゃうのん?」と思うながら、自分の事を考えてみると、その人たちと五十歩百歩なんですよね。

震災に遭われた人たちは、飢えと寒さに耐えながら明日をも見えぬ状態。

俺はと言えば、今までと同じような生活。

テレビや新聞で被災状況を見ては心が痛み、「何かせねば・・・」と寄付を行ったり、ボランティア団体に支援物資を送ったりしながら、でも現実には「対岸の火事」として傍観している自分がソコに居る・・・。

「じゃ~、直接何ができる?」と考えると、直接行動できる事は何も無い・・・。

あるのかも知れないが、思いつかないし、あったとしても実行できるのか・・・?

俺という人間は、所詮こんな者なのだ・・・。

 

新聞には、被災された方々の今の姿が載っています。

炊き出しをしているオジサンの笑顔。

ストーブの温もりに笑顔している女の子。

少しずつでしょうが、悲しみの中にも笑顔と元気が生まれているのを見て、思わず心が熱くなります。

今はまだ、笑顔にも元気にもなれない方々が沢山いることでしょうが、そのような方々にもいつかは笑顔と元気が戻ってくると信じています。

 

マザー・テレサの言葉を思い出しました。

「今のあなたの出来る事をやりなさい」

少し上を向いて考えていると、今の俺にもできそうな事が見えてきました。

動いてみます!

元気を出して!

被災者の事を思えば、本当に心が痛みます。

でも、いつまでも沈んでいてはいけない。

募金や支援活動への参加など、まずは今の自分にできる事を行う。

そして我々元気でいられるものは、元気の波動をシッカリと出す!

いま日本が”元気じゃない波動”に満たされている。

ゆえに、今元気である者が、今よりももっと元気を出さなくてはならない。

その元気が、被災地そして日本全体の復興に向かうものと信じている。

月別カレンダー

loading...
ページの先頭へ戻る